交通事故による『むちうち』のことなら【きたえる鍼灸接骨院】へ!北名古屋市にございます。

2020/03/21 ブログ
むちうち 北名古屋市

交通事故による『むちうち』のことなら【きたえる鍼灸接骨院】へ!北名古屋市にございます。

 

『むちうち』とは、「外傷性頸部症候群」あるいは「頸椎捻挫」の俗称で、自動車の追突、衝突等の事故による衝撃で首がむちで打たれたようにしなり、首の筋肉・靱帯等が損傷、痛みやめまい、倦怠感、吐き気といった症状が出る症状のことを指します。

事故直後には痛みや吐き気、体のだるさなどの症状を感じないという特徴があります。

なぜなら、自動車事故に遭った当事者は興奮状態にあり、一時的に痛みを感じる感覚が麻痺している可能性があるからです。

事故の翌日あたりから首が回らない、めまいや吐き気がするなどでむちうちを疑い、初めて病院で診断を受けても、自動車事故との因果関係が疑われることもあります。

むちうちによって生じる代表的な症状は次の通りです。

  • 首の周り・頭部・頚椎・腕の痛み
  • 首・肩・背中の懲り、重いと感じる
  • 首が回らない、動かすと痛いなどの運動制限
  • めまい・目のかすみ・疲労感などの視機能障害
  • 吐き気
  • だるさ      etc....

自動車事故に遭ったら痛みのあるなしにかかわらず、すぐに病院で医師の診断を受けるようにしましょう。

むちうちは首の内部にある靭帯や関節包、神経、筋肉などが損傷するため、外見からは判断が難しい症状でもあります。

自動車事故後、首にアザや腫れが見られないからといって油断せず、病院で必要な検査を受けることが大切です。

北名古屋市の【きたえる鍼灸接骨院】では、交通事故による『むちうち』施術に特に力を入れて取り組んでいます。

交通事故による『むちうち』でお困りの際は【きたえる鍼灸接骨院】へお気軽にご相談下さい☆