交通事故のことなら北名古屋市のきたえる鍼灸接骨院へ

2019/10/07 ブログ
ロゴ

交通事故のことなら北名古屋市のきたえる鍼灸接骨院へ

 

本日はもし、交通事故にあわれてしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

警察(110番)に必ず連絡

 交通事故に遭った方は、先ず、警察に交通事故が発生した事をなどを報告しなければなりません。
交通事故に遭うと頭の中が真っ白になってしまうものですが、あなたが被害者の時でも、加害者の時でも必ず警察に交通事故発生を報告しましょう。
 警察に交通事故発生を報告していないと、後に交通事故が発生した事を証明できず、交通事故の加害者が加入している保険会社などから交通事故に関する適切な補償を受けられない可能性が出てきます。
交通事故発生の報告を怠ってしまったばかりに、ムチウチ症などの交通事故によるケガの治療の必要性や、事故との関連性が否定されてしまったり、症状が交通事故被害者の方とってとても辛いものであるにも拘らず軽く見られてしまったりする場合もあります。
 また、交通事故から日数が経過しすぎると、どうしても交通事故の記憶が薄れていくということもあり、交通事故の状況を証明できず、適切な過失割合が認定されないということもあり得ます。
交通事故が発生した直後に加害者に懇願されたり、身体に外傷も痛みもないため事故でケガをしていないと思っていたなどという理由で、安易に警察への交通事故発生の届出をせずに済ませてはいけません。
交通事故の直後には痛みを感じにくくなっている場合もありますから、事故によりケガをしたかどうかは、見た目や交通事故直後の感覚だけではわからない場合も多いのです。
 ケガがないと思っていても、事故後に段々と身体が痛くなってきたり、気分が悪くなってきたりするかもしれません。
後で後悔することがないように、交通事故発生の報告はきちんと警察にしましょう。
その際には、事故の加害者に任せっぱなしにはせず、可能なかぎり加害者と一緒に警察への報告をしましょう。

②自分の任意保険会社に連絡

③相手の運転免許証確認

④目撃者がいたら確保、事故の証拠化

 車の破損状況などスマホで写真に残す!!

⑤【きたえる鍼灸接骨院】に連絡

 0568-25-8880

名鉄徳重名古屋芸大駅から東へ徒歩1分

 

あなたの症状に合った治療を選択。

保険手続きも無料相談。

少しでも安心して治療していただけるようサポートいたします。

もしもの時は、早めにご連絡ください。