スポーツ外傷なら北名古屋市のきたえる鍼灸接骨院へ

2019/06/21 ブログ
ロゴ

スポーツ外傷なら北名古屋市のきたえる鍼灸接骨院へ

 

スポーツ外傷は、運動選手やスポーツに参加する人によくみられます。従来からスポーツ外傷として捉えられがちな外傷の中には、スポーツをしていない人にも起こるものがあります。例えば、主婦や工場労働者は、テニスをしていなくてもしばしば「テニス肘」になることがあります。

スポーツへの参加には外傷のリスクがつきものです。適切なウォーミングアップをしていなければ、スポーツ外傷が起こりやすくなります。

筋肉と靱帯は、それらがもつ強度よりも大きな力がかかると損傷します。例えば、筋肉や靱帯が弱すぎたり硬すぎたりするのに運動しようとすると、けがをします。ねんざした後のように、筋肉と靱帯が関節を支える力が弱いときには、関節にけがが起こりやすくなります。

スポーツ外傷の主な原因の1つは酷使(過剰な損耗)です。多くの場合、酷使の原因は誤った方法で運動することです。例えば、同じ方向への傾斜が続く道でランニングする場合などです。片方の足が他方よりもわずかに高い地面に繰り返し着地することで、左右の股関節と膝に不均等な力が加わり続けます。この力の違いによって、地面の高い側を走る脚のけがのリスクが高まり、もう一方の脚も受ける力が変化してけがをしやすくなります。

運動選手が運動の速度や強度を急激に上げすぎて、筋肉に負担がかかることがあります。例えば、ランナーがトレーニングで速度や距離を急に増やすと、脚や足、股関節に負荷がかかることがあります。こうした過剰な負荷は、しばしばねんざや疲労骨折につながります。

運動選手は特定の筋肉群だけを過度に鍛えて、拮抗する筋肉群を同程度に強化できていないことがありますが、この不均衡はけがの原因になります。

運動後の回復が不十分であることも、酷使によるスポーツ外傷の一因になります。さらに、痛みがあるのにトレーニングをやめない(痛みを感じながら運動を続ける)人もいます。痛みがあるのに運動を続けていると、より多くの筋肉や結合組織が傷つき、損傷が広範囲に及んで回復も遅くなります。

けがの早期回復には、【ハイ・ボルテージ】治療がオススメ!

【ハイ・ボルテージ】は「肉離れ」「捻挫」「ぎっくり腰」「寝違え」「慢性的な腰痛」などの痛みをはじめ、「肩こり」「背中のはり」などの筋肉疲労などにも効果的です。

初回お試し 1,000円+税

北名古屋市の『きたえる鍼灸接骨院』ではスポーツ外傷も専門的にやらせていただいていますので、お気軽にご相談下さい。